橋梁点検 山成

構造物点検調査.COM〔(株)山成〕は構造物点検、橋梁点検・補修工事をおこなう会社です。

TEL.0566-52-1638

〒444-1311 愛知県高浜市本郷町3-2-8

補 修 工 事
構造物点検・調査.COMで過去に行っています補修補強工法・工事を紹介します。

補修

コンクリートキーパー

コンクリートキーパーとは、ケイ酸リチウムを主体に、シランを配合しているコンクリート含浸材です。これまでの含浸材では実現できなかった、けい酸塩系の浸透性に加えて、シラン系の耐摩耗性・シール性など、両方のメリットを備えています。また、トップコート材であるコンクリートキーパーneoは単独でお使いいただける上、コンクリートキーパーを塗布後に重ね塗りすることで、耐摩耗性・撥水性をさらに増進します。

NETIS

CK 劣化防止CK 試験結界CK 試験

CK 施工事例

LCユニット工法

LCユニット工法は、大学などの専門家と構優連により手間のかかっていた劣化コンクリート構造物の

補修工事を速く!簡単!高品質!にをコンセプトに開発されたコンクリート構造物補修工法になります。

LCユニット

LCモルタル・ユニット鉄筋・LCラクール・認定試験制度からなるパッケージ化されたハイブリッド工法により他の工法にない安定した品質・現場施工の省力化を実現した専用工法です。

LCユニット工法では、専門技能工程の簡素化で必要であった補強鉄筋の配筋、組立作業を工場で行うため、工事現場ではユニットを固定するだけなので専門技能工程は大きく軽減されます。吹き付けについては、若干の専門的な技能・経験が必要となりますが、構優連による技能講習・作業員の育成、加盟企業間で連携して現場施工経験の取得を促す体制を構築しています。

◆LCユニット工法の流れ◆

LCユニット工法_手順

施工状況

◆現場施工フロー◆

LCユニット施工フロー

◆標準断面図◆

LCユニット断面図

◆性能表◆

LC性能表

◆技術協力◆

・特定非営利活動法人 関西橋梁維持管理-大学コンソーシアム

コンソーシアム 大学名

・パシフィックコンサルタンツ株式会社

・一般社団法人コンクリート構造物補修補強工事優良事業者連合会

◆施工風景◆

RIMG4808

RIMG4813

RIMG4811

RIMG4810

RIMG4816

RIMG4804

ハイグレード工法による補修・補強

コンクリート構造物の補修・補強方法には様々な方法があるが施工・取扱いが容易なハイグレード工法について紹介します。

◆ ハイグレード工法の特徴 ◆

湿潤状態での施工作業が可能

・作業は目的に応じて、コテ塗り・吹付・刷毛引き塗りなどで施工

・作業は人力で行う為、閉鎖空間での作業が可能

・取扱いや施工が簡単

・剥落防止に役立つ

◆標準断面図◆

aa110cc96496faf31492de3e8eb2874a1

◆施工フロー◆

3dee800e1b8cc84ff5f277b6b647efd01

◆施工事例◆

d492fb1ddb925d3767f9a7be1ef3709f

◆荷姿◆

ei3nwfi4

※標準調合(加水量)が若干変わる事がありますので、施工マニュアルを参照してください。

◆性能◆

試験項目 試験方法 物性規格値 試験(室内)値
圧縮強度試験(N/mm2 JISA1171 30.0 以上 39.7
曲げ強度試験(N/mm2 JISA1171 6.0 以上 10.8
付着強度試験(N/mm2 JSCE-K531 1.5 以上 3.12
収縮試験(%) JISA1129-2 0.075 以下 0.039
吸収率試験(%) JISA1171 3.8
耐候性試験 JSCE-K511 600時間 異常のない事 色差0.74割れ欠けなし
耐摩耗性試験(mm) 水砂噴流摩擦試験 品質規格値以内 2.32
水噴流摩擦試験 品質規格値以内 1.23
透水量試験(g) JISA6203 15.0 以下 8.9
ひび割れ追従性試験 JSCE-K532 0.1mm 以上 0.4
租度係数 実験水路にて計測 0.012
寸法安定性 JSCE-K561 10×10/℃程度 0.039

◆水砂噴流摩擦試験◆

yzcoppzt

◆水噴流摩擦試験◆

y5jrg0wv

Top